大阪/梅田のホームページ制作会社 ウェブラボ関西オフィス

スタッフブログ

「Add Widget After Content」で記事の文末に定型文を自動挿入【WordPressプラグイン】

2021/9/3 技術Memo

ブログ記事の文末に自社の連絡先や別ページへのリンク、期間限定のキャンペーン情報などの定型文を自動挿入したい時はありませんか?

ただ、各記事の編集画面に毎回同じ情報を載せるのは手間がかかりますし、期間限定の情報の場合は終了した時に削除しなければなりません。

そんな時に便利なのが「Add Widget After Content」というWordPressプラグインです。

Add Widget After Contentとは

Add Widget After Contentは、記事の下にウィジェットを配置し、定型文を簡単に設置できるプラグインです。記事やカテゴリーごとに表示・非表示の設定を行うことなども可能です。

Add Widget After Contentのインストール方法

Add Widget After Contentのインストール01

管理画面の「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

Add Widget After Contentのインストール02

「Add Widget After Content」で検索します。

Add Widget After Contentのインストール03

「今すぐインストール」をクリックします。

Add Widget After Contentのインストール04

「今すぐインストール」が「有効化」になったら、「有効化」をクリックします。これでAdd Widget After Contentのインストールは完了です。

Add Widget After Contentの設定方法

基本設定

基本設定01

管理画面の「外観」>「Add Widget After Content」をクリックします。

基本設定02
  • Post Categories
    定型文を表示させたくない投稿カテゴリーがあれば選択します。
  • Post Types
    定型文を表示させたくない投稿形式があれば選択します。

表示設定

表示設定01

管理画面の「外観」>「ウィジェット」をクリックします。

表示設定02

「After Content」というパネルが追加されているので、この中に「利用できるウィジェット」の中から、定型文として設置したい要素をドラッグ&ドロップで移動させます。

表示設定03

上記はフリーテキストとアーカイブリンクを設置した場合の設定例です。

表示設定04

すると、実際の記事には上記のように反映されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「Add Widget After Content」を使えば、全ての記事の文末に共通の定型文を一括で挿入でき、修正や追加も簡単に行えます。手軽に導入できるプラグインなので、ぜひお試しください。

ホームページ制作実績

大阪/梅田を拠点に、京都・奈良・滋賀・兵庫など関西圏はもちろん、 日本全国、さまざまな業種のお客様のホームページを制作しています。

制作実績一覧はこちらから

私たちについて

私たちはお客様の会社のホームページ担当として、 以下のポリシーをもってホームページ制作を行います。

少数精鋭。常に最高のチーム体制で制作します

少数精鋭。
常に最高のチーム体制で制作します

100人のお客様に100通りのプランをご提案します

100人のお客様に
100通りのプランをご提案します

常に正直に、誠実に。きちんとNOとお伝えします

常に正直に、誠実に。
きちんとNOとお伝えします

お客様の「お客様」の視点を大事にします

お客様の「お客様」の
視点を大事にします

格好いい、キレイなだけのデザインはしません

格好いい、キレイなだけの
デザインはしません

「+1」のクリエイティブにとことんこだわります

「+1」のクリエイティブに
とことんこだわります

詳しくはこちらから

スタッフブログ TOP