大阪/梅田のホームページ制作会社 ウェブラボ関西オフィス

スタッフブログ

コーポレートサイトで最低限用意しておきたいコンテンツ

2021/8/4 ホームページ制作
コーポレートサイトで最低限用意しておきたいコンテンツ

「はじめて会社のホームページを立ち上げようと考えているが、どのような情報を掲載するべきか分からない」

「コーポレートサイトで最低限用意しておきたいコンテンツを知りたい」

上記のように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

コーポレートサイトは、「自社がどのような企業なのか」を知ってもらう上で非常に重要です。適切なコンテンツを掲載することで、他社との差別化やユーザーの信頼感の向上が望めるでしょう。

今回は、コーポレートサイトにおいて「最低限用意するべきコンテンツ」と「可能であれば用意したいコンテンツ」を紹介します。初心者向けに、具体例なども織り交ぜながら分かりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、集客目的のサービスサイトではなく、会社案内の役割を果たすような、パンフレット代わりのホームページ(コーポレートサイト)を立ち上げる前提で話を進めていきます。

コーポレートサイトの役割

コーポレートサイトには、主に以下の3つの役割が存在します。

  • 名刺代わり
  • 信頼感の向上
  • 求人にも有効

それぞれ簡単に解説していきます。

名刺代わり

コーポレートサイトは「会社の顔」であり、まさに名刺代わりの役割を果たします。「どのような会社なのか」「どのような商品・サービスを扱っているのか」を、ユーザーに視覚的に伝えることができます。

効果的なコンテンツをしっかりと掲載すれば、自社のブランディングにもつながるでしょう。

信頼感の向上

コーポレートサイトは、ユーザーの信頼感を高める上でも非常に重要です。

インターネットが発展し、PC・スマホが普及した現代において、「企業は自社ホームページを持っていて当たり前」と言っても過言ではありません。コーポレートサイトがある企業とそうでない企業とでは、信用度に大きな差が生まれてしまうでしょう。

「ちゃんとした会社」「信頼できる会社」であると感じてもらうためにも、デザイン性が高く、内容も充実しているコーポレートサイトを用意すべきだと言えます。

求人にも有効

コーポレートサイトは、採用活動の質を高める効果も持っています。

就職・転職を考えている人の多くは、入社したい企業のホームページをチェックするでしょう。その際、企業の魅力がしっかりと伝わらなければ、入社意欲が落ちてしまうかもしれません。

一方で、魅力がしっかりと伝わり、企業のイメージや社風を感じ取ってもらえたならば、入社意欲は向上する可能性が高いです。

より多くの優秀な人材に応募してきてもらうために、ぜひ求職者の心を掴めるようなコーポレートサイトを作成してみてください。

最低限用意すべきコンテンツ

最低限用意すべきコンテンツ

コーポレートサイトにおいて最低限用意すべきコンテンツは、以下の4つです。

  • 会社概要
  • 業務案内/サービス紹介
  • お問い合わせ(メールフォーム)
  • お知らせ/最新情報

それぞれ解説していきます。

会社概要

「会社概要」は、正式な社名や代表者の氏名など、会社の基本情報を掲載するコンテンツです。会社の信用性・信頼性を示す上で非常に重要です。

具体的には、以下のような情報を掲載しておくと良いでしょう。

  • 会社名(正式な社名)
  • 代表者名
  • 資本金
  • 所在地
  • 設立年月日
  • 事業概要
  • 主要取引先
  • 役員名
  • 電話番号

なお、対面のビジネスの場合は、住所とあわせてアクセスマップなども忘れずに掲載しましょう。

業務案内/サービス紹介

「業務案内/サービス紹介」は、自社の業務内容を説明したり、商品やサービスを紹介したりするコンテンツです。「何の会社なのか」「何をしている会社なのか」、ユーザーに理解してもらうことができます。

例えば、以下のような情報を掲載するのが一般的です。

  • 業務内容
  • 商品やサービスの特徴
  • 商品やサービスの詳細な説明
  • 他社との差別点
  • 料金

お問い合わせ(メールフォーム)

「お問い合わせ(メールフォーム)」は、ユーザーがフォームにメッセージを入力し、企業に対して送信できる仕組みです。ユーザーと企業を繋げる窓口のような役割を果たします。

以下のような項目を用意すると良いでしょう。

  • お名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • お問い合わせ内容

お知らせ/最新情報

「お知らせ/最新情報」は、ユーザーに対して伝えたい最新情報などを掲載するコンテンツです。

頻繁に更新することがなくても、「夏季休暇/年末年始の営業のお知らせ」「テレワーク実施のお知らせ」など、オフィシャルにアナウンスすべき情報を掲載することができます。

また、定期的に更新されていれば、「しっかり(現時点も)動いている会社」「マメな会社」であることの印象付けにもつながるでしょう。

可能であれば用意したいコンテンツ

続いて、可能であれば用意したいコンテンツを紹介します。具体的には、以下の7つです。

可能であれば用意したいコンテンツ
  • 代表挨拶・プロフィール
  • 社員/スタッフ紹介
  • 会社沿革
  • 企業理念
  • 業務実績/事例・お客様の声
  • よくあるご質問
  • 採用情報

それぞれ簡単に説明するので、ぜひ参考にしてください。

代表挨拶・プロフィール

代表者のプロフィールやメッセージを掲載するコンテンツです。

経営者の考えや想いを知ることで、ユーザーはその企業に対して安心感や信頼感を抱きます。会社や事業の方向性を伝える上でも、非常に役立つコンテンツだと言えるでしょう。

社員/スタッフ紹介

社員やスタッフを紹介するコンテンツです。

「どのような社員が働いているのか」が分かれば、ユーザーは親近感を抱きやすくなります。また、会社の雰囲気も伝わりやすいでしょう。

会社沿革

会社の歴史を紹介するコンテンツです。

これまでのヒストリーを通して、会社の存在意義やミッション、これからのビジョンなどを伝えられます。

長い歴史のある会社であれば、特に有効でしょう。

企業理念

会社の理念をアピールするコンテンツです。

経営理念や価値観を伝えることで、会社への信頼感の向上が期待できるでしょう。

また、理念に共感してくれたユーザーは、自社のファンになってくれる可能性があります。

業務実績/事例・お客様の声

これまでの実績やお客様の声を掲載するコンテンツです。

商品・サービスの販売実績や開発実績などが多く掲載されていれば、会社の信用度が上がります。また、お客様の感想や口コミなどもあわせて掲載することで、ユーザーに安心感を与えられるでしょう。

よくあるご質問

よくある質問とそれに対する回答を用意するコンテンツです。

このコンテンツを充実させておけば、ユーザーは、いちいちお問い合わせフォームから質問する必要がなくなります。また、企業としても、お問い合わせに対応する手間が省けるでしょう。

採用情報

募集要項や募集職種など、採用に関する情報を掲載するコンテンツです。

より多くの優秀な人材を確保していくためには、欠かせないコンテンツだと言えます。求人サイトでは分からない情報なども伝えられると良いでしょう。

現在求人を行っている場合は、必ず掲載するようにしてください。

まとめ

コーポレートサイトにおいて「最低限用意するべきコンテンツ」と「可能であれば用意したいコンテンツ」を紹介しました。

ぜひ当記事を参考にしながら、効果的なコーポレートサイトを作成してみてください。

ホームページ制作実績

大阪/梅田を拠点に、京都・奈良・滋賀・兵庫など関西圏はもちろん、 日本全国、さまざまな業種のお客様のホームページを制作しています。

制作実績一覧はこちらから

私たちについて

私たちはお客様の会社のホームページ担当として、 以下のポリシーをもってホームページ制作を行います。

少数精鋭。常に最高のチーム体制で制作します

少数精鋭。
常に最高のチーム体制で制作します

100人のお客様に100通りのプランをご提案します

100人のお客様に
100通りのプランをご提案します

常に正直に、誠実に。きちんとNOとお伝えします

常に正直に、誠実に。
きちんとNOとお伝えします

お客様の「お客様」の視点を大事にします

お客様の「お客様」の
視点を大事にします

格好いい、キレイなだけのデザインはしません

格好いい、キレイなだけの
デザインはしません

「+1」のクリエイティブにとことんこだわります

「+1」のクリエイティブに
とことんこだわります

詳しくはこちらから

スタッフブログ TOP